2016/06/30

はぎれで枕カバー

何かに使えるかと思ってなかなか捨てられないはぎれ
大きめのものは裂き編みに使うようにしてるけど、
小さいはぎれは活用することもできず持て余していました。

で、時間がある時にはぎれを使ってパッチワークにトライしました。
とは言っても簡単パッチワーク
2種類のサイズにカットして、それぞれ縫いつないだだけ。

そのパッチワークの布を寝かせること数か月。
ついに今日、息子の枕カバーにしました!



配置が微妙なったけど、気にしない気にしない。


家で使う物だと思うと気もゆるみ
ゆがむステッチ・・・ 


裏もはぎれの活用


本当はパッチワークなんて顔に当たる部分だし、寝心地悪いかなとも思ったけど
息子が朝まで枕を使うことなんて稀だから関係ないんだよね。

息子の反応は薄かったけど(泣)、私的には大満足。
今回も楽しい作り物だったわぁ。

2016/06/23

ペーパーヤーンでクラッチバッグ

ダイソーのペーパーヤーン
あれからちょこちょこ編み続け、
クラッチバッグが完成しました!




フラップ部分はネイビーで編んで
本体はそのフラップの段横を拾って編みました。
だから、フラップと本体の編み目の方向が違ってていい感じ。

ただ、本体を編み始める頃にはペーパーヤーンにも慣れて
やっぱり編み目がきつくなってる・・・。
フラップの方が本体よりちょっと大きくなってるのが気になるけど、
まぁ仕方ない。
仕上げにマグネットホックも付けました。

20×30cmのちょうどいいサイズだから子供がいない時のランチとかに使えそう。

今回はこちらの本を参考にしました。

ニットのクラッチバッグ: 初心者でも大丈夫、まっすぐ編んで3日でできる




棒針、かぎ針、いろんな素材、デザインのニットクラッチバッグが載っていて
おすすめ。
四角に編むだけだから簡単なのもいいですよねー。

今回はペーパーヤーンを使ったけど他の素材を使っても楽しそう♪
棒針が得意だったら表紙のクラッチも作ったのになーーー。

2016/06/16

ダイソーのペーパーヤーン

前から気になっていたダイソーのペーパーヤーン
編んでみたくなって買っちゃいました。




用途としては帽子やバッグを編んだり、ラッピングリボンとして、
と書かれています。

早速、編んでみました。
おすすめはかぎ針10号となっているけど、編んだ感じがスカスカ。
結局、7号で編みなおしました。




思ってたよりも編みにくい!
麻糸ほどじゃないけど、やっぱり硬いもんなのねー。
なるべく詰めたいから、手に力が入る入る。
気を付けないとかぎ針がひっかかって、ささくれちゃうこともあるけど
やっぱり夏っぽい素材だね。
とりあえず買った分はがんばってしあげよっと。

2016/06/15

夏のトートバッグ

母親からの依頼でトートバッグを作りました。
型は既製品を参考に、生地違いの2枚です。





このトート、変わった形で本体は筒状に縫って二つ折にしたもの。
パッと見、スーパーのレジ袋っぽい。
内側で重なった部分はポケットとして使えるように縫い合わせてあって、
構造はとってもシンプルなんです。
(テキストでは上手く説明できないけど、私は初めて見たパターン)

直裁ちに加えて直線縫いなのでとっても簡単。
すき間時間に作業して、2枚同時に2日間で完成しました。
あー、やっぱりミシンって楽しい♪

このパターン、布を変えて作ったらまたいろいろ印象も変わりそう。
次もまた作ってみたいバッグになりました。

2016/06/04

レースのコラージュフレーム

またまたお友達のプレゼント用にレースのコラージュフレームを作りました。

今回は思いっきりガーリーにかわいく。
お兄ちゃんと弟に挟まれてるけどかわいくておしゃまな娘ちゃんをイメージしてみました。




レースのドイリーとブレードは自作。
このドイリーは簡単だけど繊細でお気に入りのパターン。
ブレードもかわいらしいフラワーモチーフです。
そして、レース以外は全て100均のもの!




右下のは、100均のチュールレースをカットしてひだを寄せた上に、
パールビーズを縫い付けました。




それぞれのパーツを何度も並べてバランスを見てから、
木工用ボンドで貼り付け。
花のパーツとかはグルーガンがあるともっと簡単なんだけどなー。
トルコで買ったのにまた買うのも悔しくてボンドでがんばりました。

コラージュって難しいけど楽しい!
違うテイストのものも作ってみたくなりました。

それにしても日本の100均って本当にすごい‼
こういう手芸に使う物だって、たいていのものは揃っちゃうし、
かわいいんだよね。
トルコにも100均みたいなお店はあるけど、日本の足元にも及ばないわ。
同じメイドインチャイナでも、デザインも質も雲泥の差があるんだもん。
トルコにも(ていうか住んでる町に)できてくれないかなーーー。