2015/10/26

赤ちゃんに会いに!

昨日はお友達の赤ちゃんに会いに行ってきました。

ミルクの匂いをぷんぷんさせて、ふにゃふにゃ言ってる、
生後2か月の赤ちゃん。
なんてかわいいのーーーーーー!!!!
たくさん抱っこさせてもらって癒されました♪

うちの息子も娘もかわいい、かわいいの連発。
特に娘は赤ちゃんをかわいがりたくて近づくんだけど
力加減がわからず見てるこっちがハラハラ。
娘のお姉さんぶってる姿もおもしろかった。

こちらはプレゼントした手作りスタイ
我が子の時から愛用したお気に入りの形です。


手作りスタイはマジックテープで留めるタイプより
結ぶタイプの方が長く使えたし、使い勝手がよかったので
プレゼントにはこのタイプと決めています。

息子はよだれが多い子だったし、食事用のスタイとしても使ったので
作りがいがあった一方、娘はよだれもなくて何よりも付けるのを嫌がったので
全然使わなかったなーなんて思い出しました。

なんだか、久しぶりに赤ちゃんグッズを作りたくなってきたなー。

2015/10/20

ガーゼのネックウォーマー

息子にガーゼのネックウォーマーを作りました♡

喘息持ちで喉が弱く、すぐに風邪をひく息子。
少しでも予防できればと思った次第です。

今のアパルトマンは家全体が暖かくなる暖房システムなので
廊下もトイレも暖かくて日本よりも快適なくらい。
それでもやっぱり首もとと足もとを保護してると違うんですよね。
冷え性じゃない私でもこれは実感してます。

お家用のネックウォーマーなので毛糸までぶあつくなくていいし
肌触りがよい素材ってことでガーゼにしました。
ダブルガーゼを中表に合わせてさらにもう1枚ダブルガーゼを重ねて縫ったので
6重ガーゼです。
ガーゼって重ねると暖かいしふわふわしてて気持ちいい。
自分用にも作りたいくらい。

最後にボタンホールとボタンを付けてできあがり。
とっても簡単です♪


首もとの下も重なるように少し長めにしました。


マフラーとネックウォーマーの間の感じかな。


今朝、早速息子に見せました、が、


あれ?薄い反応?!
これじゃない感が漂ってるーーー。


「もっと柔らかいのがいい」、だって。

これより柔らかいのってなに?
まさか、シルク?
そんなばかなーーーー!!!!

絶対、使ってもらうもん!!

2015/10/14

水辺でゆっくり

日曜日、車で40分くらいのところにある
ダムまで行ってきました。


入場料を払って入ると素朴な雰囲気の貯水池が。
この日はポカポカ陽気だったので
周辺ではBBQやお茶をする人たちで賑わっていました。
(中には泳いでる人も!!もちろん禁止だけど)


カッパドキアって、ど内陸に位置してるし
壮大な奇岩風景もどこか荒涼としてるから
こういう水辺の景色って貴重な気がする。
Avanosの川岸が地元の人に大人気なのも
きっとそういうことなんだろうなー。
それを考えると山、川、海、生い茂る緑に恵まれた日本って
なんて美しいんだろう。

なーんて、故郷に思いを馳せてぼーっとしたひと時は
いいリラックスになりました。


そういえばこの時、隣のテーブルの大学生グループから頂いた種。
トルコで定番の食べる種といえば、ひまわりとかかぼちゃの種だけど
こちらはスイカの種でした。


なんでもDiyarbakırというトルコの南東にある地方ではスイカの種も
食べるんだとか。
他の種同様に殻を割って食べるんだけど
セミドライなうえに塩味なのでほんのり漬物の風味がして
おいしかった!
こういう出会いがあるのもトルコピクニックならでは。
今度はBBQをしに行こうっと。

2015/10/09

はちまき、20本

先週、息子が風邪でダウンしたと思ったら
見事にきっちり私も風邪をひいちゃいました。
息子は復活したけど、私はずるずると引きずってて
鼻水と咳が未だに止まりません。 

そんな中、明日の日本語補習校のミニ運動会で使う予定のはちまき20本を作りました。
(まだ途中だけど)
先週の間に裁断してあったけど、それからが進まず。
アイロンをかけて中表で縫って、返してアイロンかけて
返し口を縫うっていう簡単な作業なんだけど
細長い形だと返すのが大変!


Oklavaというトルコの細長い麺棒を使って表に返しました。
これがなかったら泣きたくなるぐらい大変だったかも。

あとは今日返し口を縫うだけ♪
やっぱり期限ギリギリになっちゃったなー。

2015/10/06

タオルの縁飾り・・・失敗

ずっと前に編み始めて途中放棄していた方眼編みのレース。



本当はクロスでも作ろうと思ってたけどそこまでのやる気がなくなったので
キッチン用の小さい手拭きタオルに付けることにしました。



もったいないけどタオルに合わせてハート3個分くらいほどいて
水通しとアイロンで仕上げ。
それを縫い付けました。



あれ?
レースの幅が足りない!!!!



しまるのを想定して仕上げたつもりが、思ってた以上に小さくなってましたー 泣
左側はすこーし無理やり縫い付けてみたけど、
なんだか全然美しくない。
そもそもタオルのサイズに合わせて中途半端なところで切れてるしねー。
完全に失敗。
ほんの一瞬、直そうかとも思ったけどもちろん諦めました。
お家用だし、使う時は縦二つ折りで掛けちゃうし。

ついつい作る過程が楽しくて仕上げの詰めが甘くなっちゃうなー。

ちなみ今回のレースは私の愛読書、
『アンティークスタイルのクロッシェレース_繊細でシックな方眼編み』のモデルです。



方眼編みについて丁寧に解説されていて、
とってもわかりやすいうえにどれも素敵な編み図ばかり!
おすすめの一冊です。