2015/06/24

イフタルに行ってきました。

昨日は夫の会社のイフタル(断食明けの夕食)に家族で
行ってきました。

イフタルはとっても大事な時間なので、親戚・家族で集まるのはもちろん、
こうやって会社が提供したり、友達を招いたり招かれたりして一緒に
食事をすることも多々あります。

場所はÜrgüpという町にあるMADO。
MADOはチェーン店のカフェレストランだけど、
ここのMADOはまだ行ったことがなくて楽しみにしてました。

断食明けの時刻20分前にテラス席に着いたところで
雲行きがどんどん怪しくなって・・・嵐のような大雨になりました。
急いで屋内の席に移動したけど一時停電もしたので、
「無事にイフタルにありつけるのかな」ってそればっかり心配してた私。 
結局無事にありつけたけど。

メニューは前菜、サラダ2種、レンズ豆のスープ、ボレキ(トルコのパイ)、
キョフテ(トルコのハンバーグ)、デザートでした。
食べるのに夢中で写真が一切ないけど、どれもおいしかった!

このMADOのいいところは地下に子供の遊び場(しかもかなり広い!)があるところ。
子供たちもお腹がいっぱいになると早速ここで遊んでました。

友達とも会うことができたし、おいしいものも食べられたし
楽しいイフタルになりました。
やっぱりこういう時は断食をしてると、よりイフタルが楽しくなるなー。

2015/06/22

やってきました、ラマザン

トルコはただ今、ラマザン(断食)真っ最中です。(6/18から7/16まで)
日中は(たいだい夜中の3時15分から夜8時15分の約17時間)
一切の飲食(水分もタバコも!)ができません。

とは言ってもするかしないかは、個人の自由。
トルコ人で断食をしない人もたくさんいます。

私はここ数年、妊娠したり授乳中ということもあったのでしてませんでしたが、
今年は久しぶりに断食をしています。

今日で5日目。
最初の1週間がちょっと辛いと聞くけど、3日で慣れました。
空腹やのどの渇きを感じる時もあるけど、耐えられないほどではありません。
太陽の下は暑いけど湿気がない分、汗をあんまりかかないのがいいのかも。
この乾燥した気候にだいぶ助けられてます。

この断食、もちろん宗教的な意味のある行事なんだけど、個人的には
常日頃働いてる胃腸を休めるにもいいんじゃないかと思ってます。
自分の本当の空腹感がよくわかるようになるし、
飲食できることのありがたみもよくわかるようになります。
断食明けに飲むコップ1杯の水がおいしいこと、おいしいこと。
飽食に慣れきった心身をリセットするには最適なんじゃないかな。

ただ、危険なのが断食明けの夕食(Iftar)を食べ過ぎてしまうこと。
なにを食べてもおいしく感じて食べ過ぎちゃうんですよね。
私は断食前の朝食(Safur)は水を飲むだけにしてるけど、それでもさほど痩せないのは
やっぱり夜遅くの夕食がいけないんだろうな。
これを抑えることができれば痩せることもできるだろうけど・・・無理です。

ついこの前、俳優の榎木孝明さんは30日間の不食を行ったんですよね。
30日間をほぼ水だけで過ごすなんて、人間の体の底力って思ってる以上にすごい。
それ比べたらラマザンなんて楽に思えちゃいます。

2015/06/15

オリエンタルショップ チーボウ

Femmy Kilimで扱っていた在庫の一部を「オリエンタルショップ チーボウ」さんで
扱ってもらうことになりました。




こちらのショップ、トルコの幅広い雑貨を扱う素敵なショップ。
見るだけでもわくわくするようなものがたくさんあります。

ショップオーナーの不思議ワールド全開なブログもおすすめ。

「トルコのぺんぎん」

どちらも一度のぞいてみてくださいね。

2015/06/12

トルコのムサカ

ムサカと言えば、ギリシャ料理を思い浮かべる方がいると思いますが
トルコ料理にもあるんです。

ナスの季節になって我が家でも作る機会が多くなりました。
子供たちは好きじゃないけど、私たち夫婦の大好物。

ギリシャのムサカはジャガイモとかベシャメルソースを入れるんだったかな、確か。
だけどトルコのムサカは入れません。

うちでは、揚げたナスとミートソースを層にして耐熱容器に入れ、
一番上にトマトとピーマンを並べてオーブンで焼くだけ。


なんでこんなにナス+オイル+ミートソースの相性っていいんだろう。
高カロリーなのはわかってるけど、油を吸ったくたくたのナスって本当に美味!


トルコでもこれににんにく入りヨーグルトソースをかけて食べることも。
またこれがさっぱりした口当たりになって、いくらでも食べられちゃうんです。

日本人の口にも合う、おすすめのトルコ料理です。

2015/06/05

絵本作家のひらぎみつえさん

以前勤めていた会社の同僚、
今は素敵な絵本作家さんとして活躍しています。

ひらぎみつえ

最近はこどもちゃれんじのイラストも担当されてるので、
見覚えのある方もたくさんいるはず!
彼女の人柄同様、とっても優しくてあたたかいイラストばっかり。
HP上で見るだけでも穏やかな気持ちになれちゃいます。

その昔、私が退社する時に、彼女がとっても素敵な似顔絵のイラストを
描いたカードをくれたのを思い出しました。
とってもかわいくて、今でも大事にしまっています。


そうそう、絵本と言えば最近息子が補習校で借りてくる絵本が
どれも素敵な本ばかり。
普段は戦隊ものとライダーものが大好きなので
とっても意外な発見でした。
こんな一面もあるんだなぁって。

絵本って子供のために読んだり見たりするんだけど
読み手の大人もいろいろ感じますよね。
作風、絵柄、ストーリー、結末とかいろいろ感じながら読んで、
癒されたり、考えさせられたりもする。
自分が小さいころに読んだタイトルを読み聞かせる時は
なんとも不思議な気持ちになったりして。
うーん、親子一緒に楽しめる絵本ってなんてすばらしいんだろう。

残念ながらトルコは、読書という習慣が日本ほどないようで
本屋さんも少ないし、絵本と言われるものがとっても少ないのが現状です。
各国の絵本事情が気になるところだけど、新興国ってこんなものなのかな。
子供のころから心が躍るような本がもっとたくさん身近にあれば、
その後の読書率もぐっと上がると思うんだけどなー。

でも、きっとこれから。
幼稚園でも読み聞かせや読書の大切さを教えてくれてるし。
トルコの出版業界とトルコ人の読書率のこれからに期待しようと思います。

2015/06/01

日本語補習校のお別れ会と幼稚園の朝食会

予定が盛りだくさんだった週末。
土曜日は日本語補習校の授業の後に日本に本帰国するお友達の
お別れ会がありました。
一品持ち寄りのパーティー。
せっかくなので私も仕事を早退して、途中から参加することに。
前日に作っておいたレモンメレンゲパイとココナッツクッキーを持って
行きました。

バタバタしてたのと食べるのに夢中で写真がないけど、
まぁ豪華な品ぞろえ。
おかず系からご飯、甘いもの系と種類も量もほんとにすごかった。
久しぶりに会うお母さんたちともたくさんおしゃべりができて
私もストレス発散になりました。

そして、夜は夜で友達家族がお茶を飲み来てくれて、
ここでもチャイを片手におしゃべり。
久しぶりだったので大人も子供も盛り上がりました。

で、日曜日。
この日は幼稚園のクラスの朝食会がありました。
場所は軍の保養施設の中にあるレストラン。
ビュッフェ形式かと思いきや、取った分だけ清算するなんともめんどうくさいスタイル。
追加で欲しい時にも並んで支払いました。
(品揃えも味も全然大したことなかったなー)



唯一よかったのは、屋外に子供たちの遊ぶスペースがあったこと。
この日は肌寒い日だったけど、朝食後の1時間ほど外で遊びました。

そして、夜はショッピングセンターにプラプラしに行って、
友達家族と合流。
この友達とも久しぶりだったので、おしゃべりしながらウロウロして
帰宅したのは22時。
ちょっと詰め込みすぎたかなー。