2014/02/24

ハーブティー

昔から好きなハーブティー。
ここトルコでも日常生活にハーブティーが取り入れられていて
小さなスーパーでも安く買うことができます。

私がいつも常備しているのはこちらのラインナップ。

 


・リンデン(リラックス)
・セージ(風邪)
・フェンネル(お腹の張り)
・ローズヒップ(ビタミンC)
・ミックス(センナ・ネトル・ジュニパー・マリーゴールドなど)

(以下、ハーブじゃないけど)
・ジンジャーレモン
・アップル

ティーバッグのハーブティーはやっぱりお手軽!
朝と夜、毎日2回くらい飲んでます。

リンデンはトルコ語で「ウフラムル」と言って、最もポピュラーなハーブティーじゃないかな。
ハーブ専門店でも店先に葉っぱがどーんと置いてあるのをよく見かけます。
こちらは葉っぱのウフラムル。

 


我が家では、このウフラムルにリンゴの皮やオレンジを入れて作ったお茶もよく作っています。
トルコと言ったらチャイ(トルコ式の紅茶)ですが、ハーブティーもよく飲まれてるって
あまり知られていないような・・・。
リンデンとかセージは幼稚園の給食でも出るくらいなんですよ。

2014/02/21

キリムのポーチ

Femmy Kilimで取り扱っているポーチ、私もとっても気に入ってます。

ポーチ Sは約10.5×18×4cm。
大きすぎず、小さすぎず程よいサイズ感がとっても使いやすいポーチです。

このくらいだとちょっとしたお出かけの際のコスメ一式、例えば
ファンデ・チーク・口紅・マスカラ・ペンシル類は余裕で入れられると思います。




他にも、ペンケースとして使ってもステキですよ。
私もよく使うペン類、小さな文房具はこれに入れて使っています。



レザーとキリムのバランスも絶妙で他にはない一品です。
手織りキリムのあたたかみを持ち歩いてみてはいかがでしょうか?


キリム雑貨とキリムの
Femmy Kilim

2014/02/19

Anne Baba

「Anne Baba」は名古屋市東区にある親子教室です。
ベビーマッサージ、赤ちゃんのためのサイン、ベビーダンス、リトミックなど
幅広い活動を専用スタジオを中心に外部でも行っています。

実は立ち上げから現在まで、私もお手伝いをさせていただいているんです。

ちなみにAnne(アンネ)はお母さん、Baba(ババ)はお父さんを指すトルコ語。
日本人にも発音しやすくてかわいらしい響きの「お母さんお父さん」を
そのまま名前にしました。

専用のスタジオもカラフルでとってもかわいい造り。
アットホームなプログラムは毎回好評をいただいております。




そして月1回、地域のおばあちゃんたちとふれあう「親子ふれあい広場」も開催中。
(未就園児親子対象、事前申し込みは不要。次回は3月20日開催予定)
世代を越えて楽しむ内容はいつも賑やかで盛り上がるイベントになっています。


クラスやイベントなど、詳しくはAnne Babaのホームページをご覧ください。
名古屋市東区の親子教室 Anne Baba

2014/02/16

キリムをインテリアに取り入れる

キリムは色も柄も本当に豊富で、見れば見るほどその独特で自由な世界に
驚かされます。
そのため一見すると、「インテリアに取り入れるのには難易度が高い?」
なんて思われるかもしれません。

が、実はそうでもないんですよ。

というのも、「低い位置に柄物を取り入れるとより安定感が生まれる」のだとか。

こう聞くと、敷物であるキリムでインテリアに変化を付けるのも難しくなさそうな
気がしませんか?
取り替えやすいファブリック類なら気分によって気軽に変えられるのもいいですよね。

しかもキリムってそこにあるだけで、お部屋のおしゃれ感がアップするすごいアイテム。
欧米ではキリムを上手に取り入れてキリムインテリアを楽しんでる方がたくさんいて、
とっても参考になります。

以下は世界のキリムインテリアを集めたサイト。
これを見るだけでもキリムってどんなテイストにもマッチする万能なアイテムということが
よくわかります。

キリムラグと素敵なインテリア暮らし・まとめ18選
http://vipworks.net/interior/kilim-rug-interior-matome-18.html#.Uv-LSbvNtMs



キリム雑貨とキリムの
Femmy Kilim

2014/02/13

遊牧民とキリム

遊牧民とは、人類の生活類型の二大区分である移動型と定住型のうちの
移動型の牧畜(遊牧)を生業とする人々や民族を指す。(Wikipediaより)


キリムはもともと中央アジアの遊牧民族が生み出したものです。
彼らは家畜の群れを率い、草を求めて定期的に移動していました。
そのため、貴重品は全て身に付け、家財道具などは丈夫な布に包んで
持ち運んでいたのです。

家畜である羊は彼らにとって生活の糧でもありました。
乳を搾り、バター・チーズに加工して食すのはもちろん、
毛を刈って糸を紡ぎ、その糸を織って織物も作っていました。
その織物がキリムです。
折り畳んで持ち運べるキリムは、敷物・カーテン・間仕切り・穀物や
衣類の収納袋などとして使われ、これもまた彼らの生活にとって欠かせない
実用品だったのです。





キリム雑貨とキリムの
Femmy Kilim

2014/02/09

ご注文いただきました!

ショップ開店から1週間ほど。
少しずつご注文をいただいています。

ショルダーバッグクッションカバー、そして巾着型のショルダーバッグ

自分で選んだお気に入りの商品を購入いただけるなんて・・・、
小躍りしちゃうくらいうれしいものですね。

とは言え、まだまだ気は抜けません。
無事、お客様に商品が到着して手に取った商品が気に入っていただけるか。
ドキドキしてしまう小心者の店主です。


キリム雑貨とキリムのフェミーキリム
Femmy Kilim

2014/02/01

Femmy Kilim(フェミーキリム) オープンしました!

キリム雑貨とキリムのオンラインショップ、Femmy Kilimをオープンさせました。

数か月前から細々とネットショップについて勉強して、開店準備・・・。
やっとここまで来れて本当にうれしいです。

キリムというと、「価値についてとか難しそう」、「高いんじゃない?」なんてイメージが
あるかもしれませんが、気軽に使っていただけるアイテムもたくさんあるんです。

当店で扱っているポーチショルダー
こちらは、小さいけれどキリムの良さを十分感じてもらえて、
普段にも取り入れやすいアイテムになってます。
そして何より価格もとてもリーズナブル!

キリムの産地・年代・モチーフなど、キリムのうんちくってたくさんあって奥が深いものですが
まずは直感でキリム選びを楽しんでもらえたらと思っています。

本当に私が気に入って、素敵だなと思ったキリムアイテムをトルコよりお届けします。
ぜひ一度のぞいてみてくださいね!





キリム雑貨とキリムのフェミーキリム Femmy Kilim